2017年1月の本

今年から読んだ本のリストを月ごとにつけていくことにした。
読んだと言っても、必ずしも全て読みきったことは意味しないし、再読したものもある。コメントは気が進めば書く。
その辺りはゆるくやっていこうと思う。

2017年1月の本

年末の京都で購入。これはほんとうに読んでよかった。日本語の多様性を存分に示した出色の巻。

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

英米哲学史講義 (ちくま学芸文庫)

概しておもしろく読んだ。
とりわけ冒頭の『坊っちゃん』論と最後の『こころ』論はするすると読めたが、中盤の『文学論』考察の弁証法的読解は少し精査が必要だと感じ、ややだれてしまった。

  • Paul Ricœur, Soi-même comme un autre

Soi-Meme Comme Un Autre

Soi-Meme Comme Un Autre

昔邦訳でレヴィナスの箇所をつまみ読みした微かな記憶がある。今後少しずつ読む予定。
『リクール読本』も参照している。
リクール読本

リクール読本

  • Michael L. Morgan, Discovering Levinas

Discovering Levinas

Discovering Levinas

こちらは再読。帰省中の新幹線などで。ちょっとサボリ気味。

これはゆっくりゆっくり読んでいきたい。

明六雑誌 (上) (岩波文庫)

明六雑誌 (上) (岩波文庫)

西周のテクストなど。行き届いた注がありがたい。

  • 小西 甚一『古文の読解』

古文の読解 (ちくま学芸文庫)

古文の読解 (ちくま学芸文庫)

むかしのひとはえらいなあなどと思いながら読んだり。

  • Henri Gouhier, La vie d'Auguste Comte

パラパラとめくっただけ。西周関連で読むべきときがきたらちゃんと読む。

広告を非表示にする