読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お世話になった/なっている独・仏語参考書

この夏はかなりの時間仏語に費やしたので、ある程度は読めるようになったと思いたい今日この頃ですが、自分の整理がてらまとめをつくってみます。独語は一年の頃から履修しており、参考書はあまりやっていないのですが、一応載せておきます。

 

◯独語

・辞書

『アクセス独和辞典 第3版』

中辞書の中ではこれが見やすく、初学者に丁寧なつくりだと思います。

アクセス独和辞典 第3版

アクセス独和辞典 第3版

 

『独和大辞典』(小学館

きっちりやるなら持っておきたい。

独和大辞典

独和大辞典

 

・文法

高田博行『素朴なぎもんからわかるドイツ文法 』

独学用の初級文法は使った限りこれが一番わかりやすかった。

素朴なぎもんからわかるドイツ文法 CD付

素朴なぎもんからわかるドイツ文法 CD付

 
中島悠爾 『必携ドイツ文法総まとめ』
その名の通り、ドイツ語の文法が網羅的にまとめてあるもの。コンパクトなので、持ち歩くのに便利。

必携ドイツ文法総まとめ

必携ドイツ文法総まとめ

 

尾崎盛景『自習ドイツ語問題集』

文法問題をガリガリ解きたい人に。

自習ドイツ語問題集

自習ドイツ語問題集

 

初級文法書では載っていないもの、あるいは詳しい説明をみたいとき用には、

中山豊『中級ドイツ文法―基礎から応用まで』

中級ドイツ文法―基礎から応用まで

中級ドイツ文法―基礎から応用まで

 

より専門的には、

在間進『詳解ドイツ語文法』

詳解ドイツ語文法

詳解ドイツ語文法

 

・読解

読解は大学の授業任せだったので、ほとんど参考書はやっていないのですが、授業で扱った本でためになったのは、

『時事ドイツ語』です。ただ訳はついていないので、独習には向かないと思いますが…

時事ドイツ語2011年度版

時事ドイツ語2011年度版

 

また、本屋でパラっと見た限り、

鷲巣由美子『ドイツ語を読む』はなかなか良さそうでした。

改訂版 ドイツ語を読む

改訂版 ドイツ語を読む

 

中級以上の参考書では、

阿部賀隆『独文解釈の研究』

独文解釈の研究

独文解釈の研究

横山靖『独文解釈の秘訣―大学入試問題の徹底的研究 (1)、(2)』

独文解釈の秘訣―大学入試問題の徹底的研究 (1)

独文解釈の秘訣―大学入試問題の徹底的研究 (1)

独文解釈の秘訣―大学入試問題の徹底的研究 (2)

独文解釈の秘訣―大学入試問題の徹底的研究 (2)

が有名で評価も高いです。僕も後者を気が向いた時にちまちまやっていますがなかなか進まない 汗

 

◯仏語

仏語は完全に独学で、且つまだまだ勉強中なので、大口叩いて言うことはできないのですが、僕にとって役立ったものを紹介していきます。

 

・辞書

『ロワイヤル仏和中辞典 』(旺文社)

の電子辞書ver.を使っています。紙辞書にはCD-ROMがついていて、お得ではあります。

ロワイヤル仏和中辞典

ロワイヤル仏和中辞典

 

大辞書なら、

小学館ロベール仏和大辞典 』(小学館

が有名ですが、持っていないのでなんとも…

小学館ロベール仏和大辞典

小学館ロベール仏和大辞典

 

・文法

最初は大学一年生の授業で使うような薄い教科書を一通り読みました。

その後、アウトプットとして、

國枝孝弘『基礎徹底マスター!フランス語練習ドリル (CDブック)』

基礎徹底マスター!フランス語練習ドリル (CDブック)

基礎徹底マスター!フランス語練習ドリル (CDブック)

を。やはり問題を解く作業がないと定着は難しい。

 

久松健一『ケータイ「万能」フランス語文法』
仏語版、『必携ドイツ文法総まとめ』とも言える。しかし、本書は構成がレベル別になっているので、ドイツ版のように一通り文法を抑えてから、「あれ…?」というときに、サッと特定の文法を一覧して参照することができず不便でした。

ケータイ「万能」フランス語文法

ケータイ「万能」フランス語文法

 

他にも、僕は使っていませんが、定評のある参考書に、

森本英夫『新・リュミエール―フランス文法参考書』
があります。

新・リュミエール―フランス文法参考書

新・リュミエール―フランス文法参考書

 

中級以上では、

目黒士門『現代フランス広文典 』

現代フランス広文典

現代フランス広文典

新倉 俊一『フランス語ハンドブック』

フランス語ハンドブック

フランス語ハンドブック

が双璧をなすと言って良いでしょう。

 

とことんやるなら、

朝倉季雄『新フランス文法事典』

新フランス文法事典

新フランス文法事典

語法に関しては、これが丁寧。仏作文にも有用。
ポール・リーチ『現代フランス語法辞典 』

現代フランス語法辞典

現代フランス語法辞典

 

・読解

島田実『やさしい仏文解釈』

文法を終えたらこちらに進むのがおすすめ。収録された文章はエッセイ風の柔らかいものが多いが、いろいろな種類のテーマがありおもしろいです。ド・ゴールの演説やルソーの文章も載っています。

やさしい仏文解釈

やさしい仏文解釈

 

川本茂雄『高等仏文和訳演習』

入門のあとにはこれを。僕は現在(2012/9月末)こちらをやっている途中です。
結構古い本ですが、短めの文章を精確に読む練習にはもってこい。amazonのレビューにもあるように、問題を和訳する際に解説が見えないように、また解説を読む際に常に問題文を参照できるよう配慮されたつくりなっており、解説もありがちな参考書のように簡単な文法説明と語彙が載っているだけではなく、ありがちな誤訳例などを引き合い出しながら丁寧な説明が記されているので、独習者には最高の本だち思います。はしがきにもあるよう「大学で一年間毎週二時間みっちりと教授から直接指導を受けるのに勝るとも劣らない効果」が期待できると思います。

高等仏文和訳演習

高等仏文和訳演習

 

また、仏文に慣れるためアルベール・カミュの『異邦人』の原書を読んでいます。なんとカミュ本人による朗読CDがあるので、それを聴きながら発音の勉強にも役立てています。

L'Etranger (Collection Folio, 2)

L'Etranger (Collection Folio, 2)

L'etranger

L'etranger

 

とりあえずは以上です。僕の場合、あとは読書会や大学の原典講読で鍛えてもらっています。

―――

(2012/11/12追記)

・発音

上記のように、仏語は独学なので発音が非常に悪いので、発音の参考書を買いました。類書はたくさんあるのですが、コレにしました。

やさしいフランス語の発音

やさしいフランス語の発音

カナ読みではなく、とにかく発音記号を身につけさせるもので、説明も丁寧で口の構造のイラストもわかりやすい。

―――

(2013/01/29追記)

・文法

最終確認&復習用に、
西村牧夫『解説がくわしいフランス文法問題集』

解説がくわしいフランス文法問題集

解説がくわしいフランス文法問題集

 

・作文

手始めにこれが評判良いとのことなので、

山田博志, フランク ヴィラン『1からはじめるフランス語作文 』

1からはじめるフランス語作文

1からはじめるフランス語作文