レヴィナス

2017年5月の本

以前同僚が運営しているウェブメディアに寄稿したことがきっかけで、いくつかお仕事をいただく機会があり、その準備もあってGWは改めて大学論(若手ワープア問題・人文学論)関連の書籍をまとめて読んだ。 水月 昭道『高学歴ワーキングプア』 高学歴ワーキン…

レヴィナスブックガイド

エマニュエル・レヴィナス(Emmanuel Levinas: 1906-1995)*1は、リトアニアのカウナス出身のユダヤ人。フッサールやハイデガーに師事し、『デカルト的省察』の翻訳(1931)や『フッサール現象学の直観理論』(1930)などによってフランスに現象学を普及させた立役…

『全体性と無限』・『存在の彼方へ』原典ページ対応表/ poche致命的誤植集(暫定版)

卒論用整理の副産物part2です(part1は前回のテクスト索引/著作目次一覧)。 レヴィナスの哲学的主著といわれる『全体性と無限』および『存在するとは別の仕方であるいは存在することの彼方へ』(以下『存在の彼方へ』と略記)の仏語原典には、それぞれPhae…

【随時加筆修正あり】レヴィナス邦訳テクスト索引/著作目次一覧

以前から卒論用の整理兼暇つぶしで作っていたもので、親しい人には見せていたのですが、もし需要があればということで公開することにしました。以下google driveより閲覧・ダウンロードできます。 どちらもレヴィナスのテクストに気軽にアクセスできるように…